忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

水道橋界隈では最近同じとこばかりなので…苦笑

たまにはと思い、新店舗に入ってみました。
最近、新しく出店したラーメン店です。

「紬麦」、つむぎって読みます。
ちゃんと、るびがふってあります、笑。

11時くらいから14時半までとお昼時のみの営業です。
お昼時のみって、水道橋では珍しいです。

本店が秋葉原にあるお店らしいですね。


開店当初の3日間限定で、一杯200円(だったかな?)の
サービス価格で販売していて、知人が連日通ってました。

大繁盛だったらしいのですが…

人がいっぱいだったのとは反比例して?!
評判は芳しくなかったようです…うーん。

味が安定してなかったらしく、
店員さんもテンパり気味だったとか。

サービスとして、開店早々にお客さんを集めたい!!

という気持ちは大いに理解できますが、
低評価が拡散してしまっては元も子もないわけで。

営業戦略的に考えものだなぁと思いました。

そこは(が!!)勝負のポイントですけおd。
難しいとこだなぁと。

とりあえず、自分としては、
開店して少し落ち着いてからでいいかなぁと。


そして、今日という日をむかえたわけで。
なんとなーく今日、気がむいた次第です。


閉店時間間近の14時前でしたが、
お客さんは入っておらず…

やはり、苦戦してるのかも知れませんね。


とりあえず、デフォのラーメンを注文しました。

デフォは醤油ってことみたいです。

他に、塩や味噌、そして店名の「つむぎラーメン」があり、
肉そばやつけ麺などもメニューとなってました。




ラーメン、大盛。780円、100円。麺かため。


味は、和風らーめんといった印象を受けました。

昆布や煮干、野菜などから、ダシをとっているのではないかと。
あっさりとした味わいに、醤油の香りがふんわりと重なっていました。

京風!?とかあるのか分かりませんが、
そんな上品な感じのする味わいでした。

麺は、もちもち感のある中太麺です。
トッピングはお肉と大きめの青ネギ。


思ったのは、知人が酷評に反して?!
味は悪くないなーぁと思いました。ありだなぁと。

とんこつなどの動物系で、パンチを効かせたラーメンが
主流の水道橋・神保町界隈では珍しい味わいだと思いました。

ただー、生き残っていくのは相当に厳しいのかなぁとも。

(京風ってのはおいといて)和風感は 、水道橋界隈では
ユニークでいいと思いますが…

パンチ力勝負で、どちらかというとクセやアク(笑?!)の強い…
むしろ、強すぎるラーメン店が生き残る傾向の強い、

この界隈でそれに対抗できるほどかとなると。


…うーん、と思えてしまうのです(´・ω・`)


土地柄の要素もありますし、

店舗自体の場所も本通りから一筋入ったところですし、
値段も高くはないですが、けっして安価ではなく。


↑こんな場所ですよ~^。^


水道橋は、安い&コスパのいいお店が多いですしね。

たぶん女性や高齢で濃いめが苦手になった人などが
定着できれば、希望はありますけど。

水道橋は、その客層ではないんですよね…と。


それに、店内も女性向きではないですし。
雰囲気は、社員食堂的な感じです。うーん、と。


でも、美味しいなぁとは思ったので、
残って欲しいなぁと。そして、何か新しいものが
出てくればいいなぁと。

「また、行きたい」そして、「これは!!」
というお店になってくれればいいなぁと。

と思いました。


新しいお店に入ってみるっていいですね。


んじゃ。


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
スポンサーリンク
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
Introduction
[name]naohito

らーめん、つけ麺が大好きッ!!
パスタなら3人前は普通に食べるッ!!
そば,love★

チャーハンに幸せを感じる。

炭水化物ってやばい…ww


[HOBBY/love]ダンス



スポンサーリンク
最新CM
[05/07 naohito]
[10/14 ケヅメ所長]
[10/11 ケヅメ所長]
[10/10 ケヅメ所長]
[07/21 ケヅメ所長]
最新TB
(08/16)
バーコード
スポンサーリンク

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]